難関校受験Challenge-schools

小学生難関校(開成・桜蔭・筑駒他)

小学生
御三家・東大合格率上位校だからといって、特別なことばかりを必要とされているのではない。もちろん、難問を解いていったり、長い記述問題に対応しなければならない面もある。しかしその前に、皆が取っていく基本問題を確実に得点しなければ勝負の土俵にも上がれない。
難関校対策として、まずは基本事項の確認から入る。得点がなかなか伸びなかった実力者は、自分では思いもしなかった『アナ』が見つかるはずである。その弱点を補強し、基本問題→標準問題→応用問題→発展問題へとステップアップしていく。
算数

時間の使い方を学ぶところから始めましょう

難関校を狙う生徒さんには、時間の使い方が下手な生徒さんが多いことに驚く。上記にも述べたように、まずは基本総合問題にて問題の完成の仕方をとらえる。一つの作品として完成させるような感覚。勿論、標準の制限時間ではない。レベルによっては、半分の時間で取り組んでいただく。段々ステップアップしていき、長文を用いた難問にチャレンジ。
国語

記述力を養います

記述問題の練習。長文の読解は勿論であるが、解答していく答案の長さに驚く方もいるだろう。十分な記述力を養わなければならない。かけること、説明できる力を要請する。また、評論文が難解な学校、毎年長文の小説が出題される学校、など各志望校に対応した学習を行う。文章の読解方法・問題の解法・記述問題の書き方などについて、生徒さんに合わせた練習を行う。そこには、テクニックだけにこだわらない、本物の国語力を養う場所と時間がある。
理科

インプットから応用まで

重要事項のインプットから行い、頻出の実験問題・計算問題と、特徴的な且つ高度な要求にも対応していく。理科といえども時事問題見関係する出題も多くみられる。新聞やインターネットからの情報をもとに、今話題になっている事項を「どう考えるか。」「どのように思うか。」といった問題意識を常に持つ生徒になっていただくよう指導していく。
社会

重要事項のメリハリをつける

歴史の年表・地図帳・資料集、すべてのツールが有用な武器となる。自分一人では、どれが使えるものであるのか、どの部分を知識としていけばよいのか掴みかねる。重要事項のメリハリをつけ、試験で使える知識としていく。また、最近の上位行で要求される記述問題の練習も行う。単なる暗記科目の一つとしてとらえるのではなく、歴史から自分は何を学びとるのかまで考察できるようになると、社会はどんどん身についてくる。それは、出題者に一歩近づくことである。

中学生日比谷・西・八王子東高校・開成・筑駒他

小学生
数学の難問、英語の長文、国語の記述問題等の練習を中心に行う。また、過去問は早い生徒さんならば夏から。通常でも秋口には演習スタートしていく。ということは、夏までには一通りの範囲を網羅しておかなければならない。
さらには関東の学校だけでは知識量が不十分であったり、難関と雖も標準的内容にとどまる場合もある。関西の名門校(灘・東大寺学園・ラサール・神戸女学院等)の問題なども取り入れて、良問を練習していくことは、実力を上げていくためにも有用な方法である。
算数

時間の使い方を学ぶところから始めましょう

各学年に対応した演習プリントを配布。基本問題レベル、標準問題レベルからスタートし、応用問題・発展問題へと移行。弱点をあぶり出して、苦手な範囲は補習プリントも提示していく。ゆくゆくは受験も視野に入れていこうという生徒さんには、適宜、予習シリーズも取り入れていく。
英語

インプットから応用まで

演習問題プリント。課題として提出。個別クラスでは解説授業も行う。理科の基本事項の用語から、多くの生徒さんが苦手とする計算問題まで、解法を伝授。また、頻出のグラフや表、実験なども適宜確認していく。
国語

記述力を養います

読解問題プリントを配布。「文章は2行以上読まない。」「新聞はテレビ欄と、四コマ漫画だけ。」というお子様にも、読み方から授業していく。また、語句の知識も大切な要素であるので、毎回の解説時には、漢字や語句などの知識問題も学習。
※理科・社会につきましては、志望校により大きく性質が異なってきます。ご面談時に、ご相談ください。

高校生東大・早慶・上智・各医学部

小学生
学校、家、とは違う、『第3の場所』としての
i・Rという位置付け。
学校や図書館ではダラダラしてしまう。家では学習の気分ではない。図書館では、友人とのおしゃべりが…。高校生ともなると、なかなか学習の場所が難しい。i・Rでは、集中力をも鍛えつつ、学習精度をアップさせる「第3の場所」としていただきたいと考えている。
東大
長文読解や独特の現代文ということはあるが、難問ばかりというわけではない。但し、処理能力・スピード・バランスは要求される。他のライバルたちが「取ってくる」問題は、必ず「取る」ということが大事。当たり前のことであるが、これが出来ない者が負けていく。これは、各科目ごとにも言えるが、全体としても同様である。5教科すべての総合得点の勝負である。
早慶
ある意味東大より難問を解いていかなければならない。英語の正確な読解や文法力は必須である。英語の知識内容は、トップレベルのものが要求されてくるし、その域にまで持っていかねばならない。
医学部 ・小論文・面接
小論文の練習といっても、医学部の小論文となると各学校により特徴がある。また、小論文を書く際には、当たり前のように知っていなければならない言葉、さらには、医学部受験生としての基本用語もインプットしておかなければならない。インフォームドコンセント、QOL、『仲間』となるためのチケットのようなものである。それら用語の確認も順次行う。
その上で医療系の話は勿論、人文学や哲学、環境問題、グラフやデータを用いた問題など幅広い内容の練習を行う。
面接練習では、自分が志望する学校がどのようなことを聞いてくるのかを分析し、徹底した反復練習により自分の言葉に仕上げていく。昨年度までの報告を見ると、ほとんどの学校にて練習した事しか質問されていない。『的中』といっても言い過ぎではない結果である。
※高校生は、面談時に御通塾頂く曜日、時間、科目、教材等を詳細を決定していきます。